2019/11/14

1980-81 NIKE INTERNATIONALIST

1980-81 NIKE INTERNATIONALIST Made in U.S.A US10.5?

ナイキのインターナショナリスト、アメリカ製のオリジナル。
1980年〜81年に発売された前期型です。さらにタンタグにモデル名が入らない初期型。
自分とほぼ同い年製造でずっと欲しかった前期型が、某フリマサイトで送料込み4,300円だったので購入。

届いてみると、不鮮明な商品画像から想像していたよりもかなり程度悪。

商品説明ではソールの減りも少ないと書かれていたのに、トゥが左足側は欠けてなくなっています。

サイズもUS9.5とのことでしたが、他の靴と比べてみるとUS10.5~11はありそう。
タン裏の、サイズと製造年の表記も消えてしまっています。

正直騙されてたな〜と思いつつ、いつものメニューで頑張って丸洗い。
インソールとシューレースがオリジナルが付属していたのもポイントでした。

ガシガシ洗ったら、前期特有の黄色味かかったミッドソールが復活。

乾燥機でパリッと乾かしたら、ゴミもずいぶん見れるようになりました。




自分がインターナショナリスト前期の格好良さを知ったのは、1995年11月発行のFINE BOYS別冊スニーカー完全読本だと思います。
当時このムック本の他にも色々な雑誌に掲載された、元ハンドレッドファースト菊池さんのデッドストック。青の発色が違いますね。
こちらは前期でもタンタグに「INTERNATIONALIST」の文字が入る前期の後期。

毎年参加しているOTCミーティングも初参加は復刻を履いて行きましたが、12年でここまで集まってきました。


2019/11/12

new balance MO990GR4

new balance MO990GR4(D) Made in U.S.A US9.5

2017年のFWで発売されたニューバランスMO990GR4です。
名作M990V4をそのままハイカットにしたと思いきや、アイレットやアッパーの素材が頑丈なコーデュラナイロンに変わったりと小技が効いているモデル。

しかし31,200円の定価では流石に売れなかったらしく、半額になったところを楽天スーパーDEALポイントとカード初回利用特典も駆使して1万円ちょいで購入しました。
アメリカ製ニューバランスは、M990V3以来なので久々。
レギュラーモデルのグレーよりも若干チャコールっぽいカラーリング。
すいません撮影前に一度履いてしまいました。ソールパターンもレギュラーと少し違います。
元々はグレーの平紐なのですが、以前お土産でいただいたKITHのリフレクターロープレースに交換。
トゥやNマークのリフレクターともマッチしました。



最近のニューバランス、山系に力を入れてきているようで、「All Terrain Collection」というラインでトレイルランニングのかっこいいモデルがいろいろと出ているみたいです。

FRESH FORMHIERRO M B5
MS550T

デザインやカラーリング、ナイキやアディダスのアウトドアランニングシューズより全然かっこいいです。


2019/10/25

TOYOTA MARK 2 WAGON QUALIS

前職で社用車兼自家用車で乗っていたトヨタマーク2クオリスです。

なぜ今になってブログを書こうと思ったかというと、去年の11月に退職して会社に車を返したのですが、先日保険会社から連絡があり(名義変更終わってなかった)事故って廃車になったと連絡があったから。

元々は現場スタッフが乗っていて四駆のクラウンエステートに乗換えたので、社用車として譲ってもらったもの。最初はオヤジ臭いクルマだな〜と思っていたのですが、東京から車で新潟や東北、はては四国に九州の宮崎まで乗って移動していると愛着が湧いてきたのでした。

大学の頃はバイクに乗っていたので、初の自家用車です。

福島の妻の実家から帰宅中に高速でタイヤがバーストしたり。
よく事故しなかったな...。

大分出張の帰りに、80s90sミーティングin彩湖に参加しました。

90s car sessionにも参加。マイナーな車種で主催者ウケがよかったです。



マーク2クオリスには前期と後期があり、バンパーの形が大きく異なります。
自分のは1999年式の前期の最終型、限定車の2.2Xパッケージでした。
写真は、出張先で後期型がいたので横に並んだところ。
前期のバンパーデザインの方がシャープさがあって好きです。

資料マニアとして、カタログもヤフオクで入手。
今でも街でクオリスを見かけることがありますが、ワインレッドやグリーンは見たことない。
自分と同仕様のXパッケージ限定色スーパーホワイト2。
モールもルーフレールもホワイトになります。
2.2リッターだとレギュラーガソリンなのもよかった。

譲り受けた時には走行距離は8万キロ後半だったのですが、

手放すまでの1年半の間に、6万キロも走ったのでした。

ワゴンなので荷物も乗るし、サンルーフも付いていたので夏の夜はよく開けて走っていました。
メカ的なトラブルは全く無かったし、長距離移動も楽(クルコンついてなかったけど)で本当に良い車でした。

今はカーシェア生活ですが、次に自家用車を買うのはいつになるのかな。


2019/09/18

CRM250RR サイレンサージョイントパッキン交換

最近乗る機会が少し増えたCRM250RR、随分前からチャンバーとサイレンサーの間から排気ガスが漏れて、
乗ると体中がオイル臭くなってたのですがやっと修理しました。

サイレンサージョイントパッキンを外してみると、劣化してパックリ割れてました。

Amazonで購入したキジマのサイレンサージョイントパッキン28mmと、ヨドバシ.comで290円だったキタコの液状ガスケット。

確か3個目。使い捨てに近い。昔はCR250用を使ってた気がする。


液状ガスケット、5gの使い切りタイプが助かります。
塗り込むとこんな感じ。
今まで使ってた信越シリコーンのRTVよりも耐熱性がありそう。

バッテリーが死んでたシグナスXも復活させました。

この2台の組み合わせで13年目。あれこれ換えたいけど。


2019/09/08

トヨタ元町工場操業60周年企画展示 / メガウェブヒストリーガレージ

日曜日午前中、展示会の搬入でお台場に行ってきたので気になっていたメガウェブへ。
ヒストリーガレージで、90年代のトヨタ車が展示されてるとの事。
行ってみると、トヨタ元町工場操業60周年の企画展示をやっていました。

初代クラウンからコロナ、マークⅡ、プリウスなどを生産していた工場。


普段ヒストリーガレージで見れないような地味なラインナップに見えますが。



21世紀に間に合いました。のキャッチコピーの初代プリウス。
無理矢理間に合わせた感もあり、トヨタが回収してた噂もありましたね。
木村拓哉がCMに出てた初代RAV4しかも2ドア。
オプションてんこ盛りかつ程度極上で素晴らしい。

CMマスコットのイプーは絵本まで出してた初代イプサム。もう絶滅危惧種。

中古車の仕上げの仕事やってた時に、汚い車しかないイメージのエスティマ。

カクカクボディ最後のマークⅡ。

タミヤの1/24そのままな、80スープラRZ。シルバーのスプレー塗装失敗した思い出が。

一応。2000GT後期型より、オプションてんこ盛りのRAV4のほうが興奮してしまう。

せっかくなのでメガウェブのほうにも行ってみるとタミヤRCのイベント開催中。




GRスープラ初めて見ました。かなりコンパクトですね。
80スープラと並べて見てみたい。